kangaeruashi-songennosubete

■パンセ 347
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

人間はひとくきの葦にすぎない。
自然のなかで最も弱いものである。
だが、それは考える葦である。

彼をおしつぶすために、宇宙全体が武装するには及ばない。
蒸気や一適の水でも彼を殺すのに十分である。
だが、たとい宇宙が彼をおしつぶしても、人間は彼を殺すものより尊いだろう。
なぜなら、彼は自分が死ぬことと、宇宙の自分に対する優勢とを知っているからである。
宇宙は何も知らない。
だから、われわれの尊厳のすべては、考えることのなかにある。

われわれはそこから立ち上がらなければならないのであって、
われわれが満たすことのできない空間や時間からではない。

だから、よく考えることを努めよう。
ここに道徳の原理がある。

 

タグ: